事業資金の調達方法を確認【重要な内容をチェック】

無料で実施されます

男女

銀行で実施しています

貯蓄から投資へ個人の金融資産をシフトするのは政府の方針でもあり、NISAのような非課税制度も整備されています。銀行でも預貯金から投資信託などの資産運用に顧客を誘導することに注力しています。マイナス金利の影響で預金は銀行にとって収益を圧迫しますので、預金から投資信託などに資金をシフトさせることで手数料ビジネスにつなげることを目指しています。銀行の顧客は元本が保証されている預金での運用しか経験がない場合が多いので、銀行は資産運用に関するセミナーを開催して啓蒙しているのです。セミナーは無料で開催されます。資産運用のセミナーの講師は投資信託の運用会社が行うことが多いです。ファンドマネージャーが講師になることもありますが、一般的には運用会社の営業担当者が講師になることが多いです。銀行の資産運用に関するセミナーは経済動向を中心としていますので、商品のセールスは少ないことから気軽に参加できて好評です。マイナス金利の環境下で資産を守り運用することの重要性を説明してくれますので、安心して参加することができます。銀行預金は無利息に近い低金利になっており、インフレになると預貯金資産は実質的に目減りしてしまいます。インフレに強い資産運用は株式や債券であって、伝統的な銀行の金融商品ではありません。そのため、預貯金以外に投資した経験のない顧客を啓蒙するセミナーが重要になります。日本人は元本保証を重視する傾向にあって、諸外国に比べても個人金融資産における預貯金の比率が高くなっています。貯蓄から投資への啓蒙活動に資産運用セミナーは有効です。

Copyright© 2018 事業資金の調達方法を確認【重要な内容をチェック】 All Rights Reserved.