事業資金の調達方法を確認【重要な内容をチェック】

開設の手順

男性

開設までにかかる手間

国内FXと海外FXの口座開設を比較した場合、口座開設から実際にトレードできるまでの時間では海外FXの方が即日取引が始められる業者もあります。国内業者だと、申込みから開設まで数日かかり書類の郵送等もありますが、海外FXだとすべてWEB上で口座開設の手続きが完結する業者もあります。海外FX業者で口座開設をする手順としては、開設したい業者のホームページから申し込みフォームに住所や氏名などの個人情報を入力します。ここで面倒なのは、ローマ字で入力をするくらいです。次に、身分証明書・住所証明書を提出します。身分証明書は、運転免許証やパスポート、住所証明書類としては公共料金の請求書などです。提出方法は、書類の写真を撮影し画像をアップロードします。国内FX業者だとマイナンバーの提出を求められますが、海外FXは現時点で不要です。審査完了後に、口座開設となります。メールにて、口座にログインするIDとパスワードが送られてきます。また、即日でトレードしたい方向けに身分証明書も不要で口座開設できる、申込みから即日最短でトレードできる業者もあります。即日でトレードできるので、相場のチャンスを逃さずにトレードできます。なぜ、その日のうちに取引ができるのか、それは出金時に身分証の提出を求められるからです。身分証なくて口座開設できるなんて怪しい業者に思えてしまいますが、出金の直前に必要なだけで信用がないということではないのです。

Copyright© 2018 事業資金の調達方法を確認【重要な内容をチェック】 All Rights Reserved.